• ホーム
  • まつげ育毛剤とまつ毛パーマでは見た目にどのような違いがあるのか

まつげ育毛剤とまつ毛パーマでは見た目にどのような違いがあるのか

2020年06月17日
まつげが美しい女性

まつ毛を育てるためのアイテムとしてまつげ育毛剤があり、一方で美しく見せるためのものとしてまつ毛パーマがあります。
このまつげパーマとまつげ育毛剤は明確に違いがありますので、この二つは一緒の物ではない事だけは覚えておきましょう。

まず、基本的にまつ毛パーマにはそもそもまつげを伸ばす機能はありません。まつ毛パーマはそもそも既に生えているまつ毛のお手入れをしたり、生えている毛そのものにカールをかけて長く見せる、毛の流れをそろえてボリューム感を出すなどの側面はあります。ですが、そもそもまつげ育毛剤のように、生えていない毛を生やしたり、伸ばしたりすることはできないので、サロンによってはまつ毛エクステなど、他の施術を勧められるかもしれません。
このため、普通にまつげが生えている人がまつ毛パーマをすることで長さを出したり、カールして毛先を上に向けることで目元の印象を深くすることはできますが、無いものを生やすわけではないのです。

一方、まつ毛育毛剤は毛が増えたり伸びたりする可能性はありますが、伸ばしたから目元が必ず魅力的になるとは言い切れません。
というのも、まつげ育毛剤は目元に生えているまつ毛を伸ばしたり太くしたりする効果がありますが、必ずしもきれいに伸びるとは限らなかったり、色素沈着や目への負担など、リスクもあります。このため、必ず伸ばしたからきれいになるとは言いきれず、実はすでに毛がある程度ある人がさらにまつげ育毛剤を使うことでより不自然に長くなり、美観を損ねる可能性もあります。

とはいえ、どちらもまつ毛に対してのケアだったり、よりきれいになろうとするための努力である事に間違いはありません。
例えばまつ毛パーマをすることで、目元に対してのケアが出来るようになり、毛にハリが出てより美しくなってボリュームアップしたり、メンテナンスで目元の印象が変わることはあります。まつげ育毛剤によって、毛を失ったり、最初からなかったり、事故で失ってしまった人が伸ばすことによって自分の見た目への自信にもつながる可能性があるため、様々な方法を試してみるのが良いでしょう。

このため、どちらにも向き不向きは存在しますが、確実に美しくなるため、目元をよりきれいに見せるための工夫のひとつであることに間違いはありません。ただ、向き不向きや適している使い方はありますので、自分はどうなりたいか、どういう風に見せたいかを考えて選んだ方が良いでしょう。