• ホーム
  • 目の回りに負担をかけずに済ませられるまつげ育毛剤の使い方とは

目の回りに負担をかけずに済ませられるまつげ育毛剤の使い方とは

2020年06月13日
きれいな目元

まつげ育毛剤については着色など、いくつか目元に負担をかけかねない使用ケースも見られます。このため、意外と負担を感じる人もいるかもしれませんが、実際は上手に使えば目の周りに負担をかけることなく、上手にまつ毛を伸ばす事が出来ます。

まず、なんにせよ使用目的が明確なら、その使用方法をきちんと把握しておいてください。というのもルミガンなどの一部のまつげ育毛剤はまつ毛の根元にだけつけるもので、点眼するものでもありません。また、本来の使い方と違うので専用の綿棒やアプリケーターなどを使って塗ることが基本となっていますから、その方法ややり方、注意点なども確認しておきましょう。だいたいの場合は1滴だけをアプリケーターにつけて、それをまつ毛の根元にチョンチョンと塗るだけですので、あまり多くの量を利用することはありません。多くつけすぎると副作用が出やすく、悪い影響も出やすくなりますので、気をつけておきましょう。

次に、使うのが初めてという場合は、初回に使う時はまずは異常がないかどうかを確かめるようにしましょう。例えばアレルギーで目元が腫れたり、目が充血したり、眩しく感じたり、なんだか違和感がある、かゆみが出る、翌日目ヤニが酷いなどの場合はそもそもアレルギーがあったり、体質に合わない可能性があります。このため、最初に使ってみる時はその使い勝手をチェックした方がよいでしょう。体に違和感はないか、体調がおかしくなっていないか、見た目や白目に充血が出たりしていないか、という事を確認してください。

また、基本的にはまつ毛の根元に少しつけるだけで十分効果を発揮しますので、そもそも多くつけすぎない事や、間違ったところにつけるとそれだけでトラブルのもとになります。髪を生やしたい人が間違ったところにつけたり、まつ毛を早く伸ばしたい人が多くつけすぎる事がありますが、これは副作用が出やすくトラブルのもとになりますから、行わないようにしましょう。

そして衛生的に管理をし、特にアプリケーターを何度も使用することは避ける必要があります。使い方の説明書にもあるように、不衛生にならないようにボトルの口を拭いたり、アプリケーターを使い捨てるようにしてください。なお、アプリケーターが無くなった場合、代用として先が細く柔らかいものとして、とがった綿棒や柔らかい歯間ブラシを使う人もいます。効果は2週間ほどで発揮され、2か月ほどでと毛も伸びるものですから、出来ればアプリケーターは60本から80本ほど、多めに購入した方がよいでしょう。